BH バーバーショップハシモト

Blog
おしゃれメンズカットなら
バーバーショップハシモト(理容室、床屋)

Blog
おしゃれメンズカットなら バーバーショップハシモト(理容室、床屋)

ブログ バーバーショップハシモト

シブい白髪に憧れる

ネット記事から引用させてもらいました

何となくまとめると

ーーーーーーーー

最近、白髪が増えてもあえて染めない「グレイヘア」が流行っていますが、

米国でも同じ流れがあるけど、日本と呼び方が違います。

日本ではグレイヘア、

米国ではシルバーヘアということが多い。

英語の辞書(ジーニアス英和辞典)によると、

グレイ(gray)は「灰色の」「鉛色の」「ネズミ色の」など色合いの意味があります。

そこからグレイヘア(gray haired)が一般的に使われています。

grayには「灰・曇天の色を連想させ、しばしばよくないイメージを暗示する」表現に使われます。

graying:老い(る)、高齢化(する)

grayness:平凡さ、活気がない

さらに、

gray area:不況地帯

などもあります。

米国人にとって、grayという言葉はマイナーなイメージがついてまわるようです。

そこで、オシャレに敏感な人たちやメディアは、

マイナーなイメージのあるグレイを避けて、

シルバーを使っているようです。

シルバー(silver)は「銀」です。

silver tail:名士

という言葉もあります。名前にもよく使われています。

silvester(シルベスター、男子名)

silvia(シルビア、女子名)

シルバーは米国の人にとっては、輝かしく華やいだイメージが強くあるようです。

日本では、シルバーというと「老人」をイメージする言葉として使われることが多く、

グレイヘアは新鮮さが感じられます。

グレイとシルバー、日本と米国では逆の関係なようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

だそうで。

キレイな白髪の髪型って憧れありますね

無い物ねだり ですが☺️

いきなりコレになれるわけではないので、、

白髪が増えてる最中ってのは

白髪が増えてる〜😣

歳とったなぁ〜😞

なんて思いを抱きながら

年月をかけてだんだんと増えるんでしょうけど😅

カラーリングでその感じを出すってのも

ブリーチ数回、その後カラーでいけはするけど

髪は痛む、時間かかる、おまけに色持ちしにくいなど大変です

手軽にできるのはカラーワックスかなぁ

最近のは色味もよく、扱いやすくなっているので

一度やってみたい!

って方なら、なんとなくその感覚を味わえます

地は真っ黒にカラーワックス塗布